就職・転職

【TOEICで転職】転職サイトと転職エージェントのどちらを使うべき?

投稿日:2018年5月2日 更新日:

転職 探し方

私は新卒で入社した会社をたった1年で辞めてしまいましたが、未経験の業種の大手ホワイト企業に転職することに成功しました。

武器はTOEICのみだったので苦戦はしましたが、そのぶん多くの転職サイト、エージェントを利用した経験をふまえて、本当におすすめできる転職サイト、エージェントを下記記事で紹介しました。

転職
TOEIC高得点でも転職で大苦戦!使った転職サイトをレビューする

TOEIC高得点なら転職なんか楽勝なんて思っていませんか? 私もそう思って転職活動を甘くみていたのですが、現実は厳しかっ ...

続きを見る

おすすめしたサイトは次の3つでした。

  • JACリクルートメント・・・民間の転職エージェント
  • リクナビNEXT・・・民間の転職サイト
  • ハローワーク・・・国による職業紹介

この3つはそれぞれ、転職エージェント、サイト、国の職業紹介というように異なる求人サービスになっています。したがって、求職者の転職スタイルによりどれを使うべきかも変わります

今回は、どのサービスがどの転職スタイルに合っているか簡単に紹介します。

 

転職エージェントは積極的に転職したい人向け

転職エージェントは登録するとその名の通り、エージェントという担当者がつきます。

担当者がその人に合った求人を探してくれるだけでなく、応募する企業の情報を提供してくれたり、模擬面接までおこなってくれる場合もあり、転職活動全般をサポートしてくれます。

そして、転職エージェントと企業の間にパイプができていることもあり、その場合は選考を有利に進めることができます。管理職などのハイクラス向け求人は一般の転職サイトには公開されない場合も多く、企業とパイプを持ったエージェントを通さないと応募できないものもあります。

では、エージェントは「その人に合った求人」をどのように探してくるのでしょうか?

実は転職エージェントに登録後、担当エージェントからメールや電話で「面談したい」という連絡が来ます。この面談を通して、求職者の希望と合致した求人をエージェントが定期的に紹介してくれるのです。

面談は直接会って行うこともできますし、電話で行うこともできます。地方在住者でも安心です。

しかし、問題は面談で話す内容です。転職の希望を上手く答えられない、または定まっていない場合は問題が生じます

例えば、漠然と「TOEICの点数を活かしたい」という希望だけでエージェントと面談すると、希望業種、職種、勤務地、給料、どんな仕事をしたいのか、どんなキャリアパスを歩んでいきたいのか等に関する質問に上手く答えることができないでしょう。それでもエージェントはそれらしい求人をいくつか紹介してくれますが、希望があいまいだと「なんか違うな」と思う求人も多くなってしまいます。

エージェントから紹介される求人を断ってばかりいると、エージェントからも「この人は転職活動をする気がない」とみなされ、次第に求人を紹介してもらえなくなる危険があります。エージェントも転職を成功させることで報酬をもらえるので、その可能性が低い人への対応は優先度を下げてしまうのです。

時間をかけて、ゆっくり転職活動をしたい人にとっては、エージェントは優しくないかもしれません。

それでも、先に述べた通り、やりたいことがバッチリ決まっている場合は、マッチした求人をどんどん紹介してくれますし、企業とのパイプを活かした情報を通して選考を有利に進めることができます。

以上より、転職エージェントが向いている人は、

  • どんな仕事がしたいかが決まっている人
  • すでに退職している人、すぐに転職したい人
  • 転職活動のアドバイスをもらいたい人
  • ハイクラス向けの求人を探している人

です。

私のおすすめの転職エージェントはJACリクルートメントです。

実は私もどんな仕事がしたいのかはっきり決まっていない状態で転職活動を始めました。そんな状態だったのでエージェントとの面談も上手くいかず、他の転職エージェントからは最初だけ求人を紹介されて後は連絡がもらえなかったり、面談自体を断られることもありました。

しかし、JACリクルートメントだけは最後まで多くの求人を紹介してくれました

もともと外資系のエージェントということもあり、外資系企業や駐在案件の求人を多く持っています。TOEICをいかした転職とは相性がいいので是非おすすめしたいです。

>> JACリクルートメント

 

転職サイトは自分のペースで転職したい人向け

転職サイトは、サイトに載っている求人から自分に合ったものを探し、自分で応募します。転職サイト内で応募することとなりますが、面接の日程や合否の結果など基本的に応募した企業から連絡が来ます。転職サイト内の担当者にお世話になることはまずないと思っていいです。

間に担当者が入っていないということもあり、エージェントと比べれば転職サイトでは多くの求人が一般に公開されています。

多くの求人から自分で選び応募するということだけを見ると、転職サイトは積極的に転職したい人向けサービスのように感じます。しかし、実際には公開されている求人で自分に合うものはそう多くありません。一通り目を通してしまえば、あとは新たに似たような求人が出てくるのを待たなければなりません。

したがって、すぐに転職したい人には合わないかもしれません。

一方で、在職中でまだ転職しようか迷っている人は、面白そうな求人が出てくれば問い合わせればいいので、転職をせかしてくるエージェントよりも使い勝手がいいです。

自分で探して納得できる求人にのみ応募することが可能です。

ちなみに転職サイトには「スカウト機能」がある場合があります。これは職歴や希望職種等を登録してくと企業の方から連絡をくれるというものです。自分を評価してくれているようで何となくうれしくなる機能ですが、私の経験から言えば大した企業からは連絡は来ません。ある条件に合致した人に一斉送信されるようなダイレクトメールのようなものです。

スカウトのようなものを期待したい人は転職エージェントの方が向いています。

以上より、転職サイトが向いている人は、

  • 多くの求人を見たい人
  • 在職中でじっくりと時間をかけて転職活動ができる人

です。

私のおすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。他の転職サイトに比べてとにかく求人数が多いので、自分に合った求人を見つけられる可能性が高いです。一方で、求人数が多すぎて検索しにくいというデメリットもあります。

>> リクナビNEXT

 

ハローワークは手当狙い?

ハローワークは国が提供する職業紹介サービスです。意外と知られていませんがハローワークに登録しなくても、また、ハローワークに行かなくてもハローワークのサイトから求人を検索することができます

実際に応募するにはハローワークに登録して紹介状をもらう必要がありますが、一度求人をご覧になってみることをおすすめします。

ブラックな求人が多いですよね?w

ハローワークには低賃金であったり、年間休日が80日というような危ない求人が多くあります。というかほとんどがそうです。

そのため、スキル等を持った人たちは転職サイトやエージェントを利用して、そういうゴミ求人から逃げるのですが、中には日本を代表するような大企業の求人や年収1000万を超える求人も出ています。

実は私もハローワークから応募して大企業に転職できた人間です。

いい求人の探し方にはコツがあります。コツというか、転職サイトに出ている大企業の求人をハローワークで検索してみるだけです。同じ求人が載っている場合があります。

「転職サイトに載っている求人ならハローワークから応募する必要ないじゃん」と思いますよね?

実際、ハローワークから申し込むと選考が有利になるということはないと思います。

しかし、ハローワークから申し込むと再就職手当をもらえる場合があります。条件はハローワークのサイトで確認してほしいのですが、私の場合は10万円以上もらえました。(ハローワーク

どうせ、転職サイトで応募しようがハローワークで応募しようが結果が同じならば、お金をもらえるハローワークの方がお得ですよね?

注意したいのは転職サイトに載っていてもハローワークには載っていない求人の方が多いということです。たかだか数万円の給付金のためにハローワークのブラック企業に応募するのは止めましょう。

給付金狙いでハローワークから応募する場合でも、まずは一般の転職サイトで応募したい企業を見つけましょう。

転職エージェントなら「JACリクルートメント」、転職サイトなら「リクナビNEXT」がおすすめです。

 

その他、私が使用した全転職サイトの感想はこちらをご覧ください。

転職
TOEIC高得点でも転職で大苦戦!使った転職サイトをレビューする

TOEIC高得点なら転職なんか楽勝なんて思っていませんか? 私もそう思って転職活動を甘くみていたのですが、現実は厳しかっ ...

続きを見る

人気No.1 TOEICアプリ!

スタディサプリEnglish TOEICコース

  • アプリ1つで問題演習から勉強法、解答テクニックまで紹介
  • 人気TOEIC講師による解説動画があり、初心者に最適
  • 今なら期間限定で1週間無料のキャンペーン中

おすすめ記事

スタディサプリ勉強法 1

このブログで紹介した「100日でTOEIC800点を取るための勉強スケジュール」ですが、おかげさまで多くの方に読んでいた ...

アプリ 2

TOEICのスコアをアップさせるのに一番大事なことは何だと思いますか?勉強法や使用する参考書でしょうか? 違います。 一 ...

スケジュール 3

※100日間の勉強スケジュールは一番下にあります。   TOEIC800点を取るために1年もかけてはならない ...

キクタン 4

最近私がTOEICで使用した参考書をいくつかの記事で紹介していますが、、 ぶっちゃけ参考書って何冊も買うと高いですよね? ...

転職 5

就職、転職活動の資格欄に書く内容として定番となっているTOEICのスコア。 でも一体企業は何点ぐらいから評価しているので ...

-就職・転職

Copyright© TOEICで500点スコアアップさせた勉強法 , 2018 AllRights Reserved.