就職・転職

就職、転職に必要なTOEICスコアの目安は600点と800点

投稿日:2017年1月18日 更新日:

転職

就職、転職活動の資格欄に書く内容として定番となっているTOEICのスコア。

でも一体企業は何点ぐらいから評価しているのでしょうか?

今は小さな企業でも海外とやり取りが必要なことが多いですからね。

「結構高い点数が求められるのかな?」とか「スコアにあまり自信がないけど履歴書に書いたら逆効果かな?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

就職、転職の両方の経験がある私が自身の体験談も含めて答えます。

 

企業が必要とする点数と履歴書に書くべき点数は違う

企業が必要としているTOEICスコアは470点から

まず、純粋に企業が社員に求めているTOEICのスコアですが、それは470点です。

意外と低いと思われた方も多いのではないでしょうか?

「470点っていう半端な数字はどっから来たんだよ?適当言ってんじゃねえだろうな~」という口の悪いあなた、もちろん根拠がありますので安心してください。

企業も適当にTOEICスコアの目安を決めているわけではない

零細企業はわかりませんが、一般的な企業の人事部も採用結果を上層部へ説明する必要があります。

したがって、面接官の主観では点数の目安は決められません

何を根拠にするかというと、TOEIC運営側からの情報です。

TOEIC運営側もビジネスマンに受験してもらいたいので、目安スコアというものを自ら設定しています。

PROFICIENCY SCALE

読めなくて結構です。一応「プロフィシェンシー スケール」です。

これはTOEIC運営側がTOEICのスコアとコミュニケーション能力レベルの関係性を示した区分です。以前は公式ページに載っていましたが今は使われていないようです。

TOEICのスコアに応じて5つのレベルに分かれています。一部抜粋します。

レベルA 860点以上

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる

うん、過大評価だと思います

レベルB 730点以上

どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている

あくまでも「素地」ですからね。「素地」とは便利な言葉ですね。

レベルC 470点以上

日常生活のニーズを充足し、限られた範囲内では業務上のコミュニケーションができる

→はい、これです。この「業務上のコミュニケーションができる」という点から、多くの企業がTOEIC470点を一応の目安としています。募集要項に470点からと書いているところもあれば、「初級」と書いている企業もあります。

一応その下のレベルも書いておきますね。

レベルD 220点以上

通常会話で最低限のコミュニケーションができる。

→「Hello」とか「Nice to meet you」程度のことです。「会話でコミュニケーションができる」というところで喜ばないようにしてください。

レベルE 220点未満

コミュニケーションができるまでに至っていない

→正直言って4択か3択のTOEICでスコアが4分の1も取れていないのは英語力不足だけでなく勘も悪いんだと思います。

スポンサーリンク

TOEICスコアが600点未満なら履歴書には書くな!

「わーい、470点から評価してもらえるんだ」と、はしゃがないようにしてください。

企業側の目安は470点ですが、そのスコアではアピールになりません

なぜならTOEICの平均点は580点前後です。

したがって、履歴書に「500点」と記入しても、残念ながらそれは平均以下の英語力ですと言っているようなものとなってしまいます。

就職、転職活動は自分を売り込む場です。TOEICのスコアが600点以下なら人より劣っていると自覚して、履歴書に書くのは我慢しましょう

ちなみに私は人事部ではありませんが、新卒採用の手伝いにかり出された経験があります。

かなりの枚数のエントリーシート(履歴書)に目を通しましたが、600点未満でスコアを記載している人は少ないです。

少ないのでいることはいます。東北大の文系学生で400点台で記入してきた学生がいましたが、やはり良くない意味で目に止まってしまいましたね。

繰り返しますが履歴書に書くTOEICスコアは600点からです。

国際部門を目指す人のTOEICスコアは800点から

600点というのはあくまでも一般的な求職者の話です。

国際部門を目指す人は600点ではスコアが不足しています。

先ほど「PROFICIENCY SCALE」がTOEICの公式ホームページに載っていないと言いましたが、代わりに「企業が期待するスコア」というものが載っています。

http://www.toeic.or.jp/toeic/about/result.html (TOEIC公式ホームページのリンクです)

これを見ると企業が期待するスコアは

新入社員 450~650
中途社員 585~795
海外赴任 555~765
技術部門 480~720
営業部門 525~775

となっており、やはり一般的な就活生はTOEICスコアが600点ぐらいはあった方がいいことがわかります。

そして、

国際部門 655~865

となっています。他の部門との差別化を図る意味でも「800」という数字が履歴書に書く目安になると感じます。

ちなみにソフトバンクが以前、TOEIC800点を取得した社員に30万円のボーナスを与えていました。

あれほどの大企業でも高く評価されるスコアがTOEIC800点なのです。

TOEIC895点のときの私の転職活動時の経験

会社

TOEIC800以上はネイティブ並み?

私は海外赴任前提のポジションを目指して転職活動をしました。

当時のスコアは895点でしたが、正直900点にいかなかったのでちょっと弱いかなと感じていました。

しかし、実際に面接に進むと英語力はネイティブ並みと評価してもらいました。

別に英語を話したわけではありません。

面接官はTOEICに精通していない場合が多いので、TOEIC800点以上だと過大評価されます

知ったかぶりする面接官だとアメリカ英語がどうとかイギリス英語がどうとか言ってきますが、TOEIC800点ではそのような話を出すのが恥ずかしくなるぐらい英語レベルは低いです。

本当の実力はネイティブの小学生よりずっと低いですからね。

しかし、TOEIC高スコアは強いアピールになるのだと身をもって実感しました。

ハリボテでもいいのでTOEICのスコアは上げたほうがいいですよ。

外資系の面接では英語で面接される?

残念ながら私は英語での面接は経験できませんでした。

外資系海運会社の本社の社員とスカイプで面接したことがあります。

かなり身構えていたのですが終始日本語での面接でした。

日本人じゃない方も同席していましたが一言も話さずに終わりました。

何であの場にいたんだw

グローバルに活躍したい人におすすめの転職サイト:JAC

グローバル

海外駐在前提のポジションを探していたと言いましたが、私はいわゆる第二新卒でした。

転職経験がある方ならわかると思いますが、転職市場で未経験というのは大きなハンデです。

多少TOEICのスコアが高かろうが未経験に駐在させるような企業はほぼありません。

一応エントリーしてみても門前払いで普通は面接には進めません。

私は転職エージェントにすら門前払いされましたw

転職エージェントと面談した結果、紹介する求人がない、ならまだわかります。

しかし、大手のDODAやリクナビからは面談すら断られましたね。

ショックでしたが、経歴と希望がマッチしていなかったのでしょう。

そんな私に救いの手を差し伸べてくれたのがJACリクルートメントでした。もともと外資系求人に強いエージェントで、こんな私にも多くの駐在案件を紹介してくれました。

他のエージェントは最初に5件ぐらい紹介して終わり、ということがありますが、JACは毎週のように求人を紹介してくれました。

また、担当のエージェント以外からも求人を紹介されました。

自分からサイトに載っている求人に問い合わせることもでき、その場合でも必ず企業にコンタクトを取ってくれました。

しかも未経験職にもかかわらず書類がどんどん通過しました。企業側と太いパイプがあるのでしょうか。

ただ、結局私はJACで紹介されたところとは違う会社に転職しましたw

申し訳なかったのですが、最後まで真摯に対応してくれました。

転職活動が終了したことを連絡すると他社のエージェントは大体コピペのテンプレ返信をくれます。

「ご健勝をお祈りします」みたいなやつです。

しかし、JACだけは私個人に向けたメッセージをくれ、「今度は3年は頑張りましょう」など当人の利益にはならないようなことも書いてくれました。

本当に感謝しています。

私がたまたま担当のエージェントに恵まれただけかもしれませんが、JACおすすめですよ。

>>JACリクルートメント

 

関連記事です。

※私は未経験、第二新卒、海外駐在希望という厳しい条件で転職活動を行ったため苦戦しました。多くの転職サイトに登録したので実際に使った感想を紹介します。

転職
TOEIC高得点でも転職で大苦戦!使った転職サイトをレビューする

TOEIC高得点なら転職なんか楽勝なんて思っていませんか? 私もそう思って転職活動を甘くみていたのですが、現実は厳しかっ ...

続きを見る

※TOEICのスコアが足りない、でも次のTOEICまで期間が空いてしまうという時には、TOEICの代わりにCASECを受験することをおすすめします。

困る
TOEICの結果は1か月後?待てない人にはCASECがおすすめ

TOEICに限らず、試験を受けたら結果がどうだったか気になりますよね? とりわけそれが真剣に取り組んだ場合だと、一刻も早 ...

続きを見る

 

人気No.1 TOEICアプリ!

スタディサプリEnglish TOEICコース

  • アプリ1つで問題演習から勉強法、解答テクニックまで紹介
  • 人気TOEIC講師による解説動画があり、初心者に最適
  • 今なら期間限定で1週間無料のキャンペーン中

おすすめ記事

スタディサプリ勉強法 1

このブログで紹介した「100日でTOEIC800点を取るための勉強スケジュール」ですが、おかげさまで多くの方に読んでいた ...

アプリ 2

TOEICのスコアをアップさせるのに一番大事なことは何だと思いますか?勉強法や使用する参考書でしょうか? 違います。 一 ...

スケジュール 3

※100日間の勉強スケジュールは一番下にあります。   TOEIC800点を取るために1年もかけてはならない ...

キクタン 4

最近私がTOEICで使用した参考書をいくつかの記事で紹介していますが、、 ぶっちゃけ参考書って何冊も買うと高いですよね? ...

転職 5

就職、転職活動の資格欄に書く内容として定番となっているTOEICのスコア。 でも一体企業は何点ぐらいから評価しているので ...

-就職・転職
-

Copyright© TOEICで500点スコアアップさせた勉強法 , 2018 AllRights Reserved.