本田圭佑の英語の勉強法はシャドーイング20分【英会話】

勉強法
のびた

5ヶ月でTOEICのスコアを480→895→980点と伸ばしました。この経験に基づいたTOEIC勉強法を紹介します。

のびたをフォローする

サッカーの本田圭佑さんのYouTubeチャンネルで英語の勉強についての動画がありました。

その中で、私もおすすめしている「シャドーイング」をしている場面があったので、その勉強法を取り上げたいと思います。

本田圭佑の英語の勉強法がYouTubeで公開

3分ほどの短い動画ですが、編集にも力が入っていて面白いです。内容は以下です。

  • 21歳でオランダのチームへ行き、言葉が通じない→英語の勉強を開始
  • 朝6時にスマホで英語のシャドーイング
  • シャドーイングは20分間続く

本田圭佑の英語力は高い

下の動画にあるように、本田圭佑選手は英語でのインタビューにスラスラ答えることができます。

本田圭佑選手の英語力はかなり高いです。

これほどの英語力になるまで勉強したこともすごいですが、それ以上に、これほどの英語力があっても、なお英語の勉強を続けている姿勢が立派です。

英語の勉強は継続が大事ということがよくわかります。

シャドーイングは20分間

動画ではシャドーイングを20分も行っています。

編集でネタっぽくしていますが、同じ文章で20分ひたすらシャドーイングしています。

日本語でもいいのでやってみればわかりますが、シャドーイングはとてもストレスの大きい勉強法です。

シャドーイングでは、聞こえてくる音声に集中しながら、それを真似して発声しながら、さらに次に聞こえてくる音声にも集中しなければなりません。

20分もシャドーイングを行うのはきついです。

よく、海外に行けば自然に英語が話せるようになると思っている人がいます。

本田選手も長年海外でプレーしているので、自然と英語が身についていると思うかもしれませんが、実際にはこのように真剣に英語を勉強しています。

英語に楽な勉強法はないのです。

TOEICの勉強でシャドーイングをする場合

シャドーイングはストレスの大きい勉強法ですが、その効果は高いので、TOEICのリスニング対策でもシャドーイングをおすすめします。

こちらの記事でシャドーイングの方法について紹介しています。

【TOEIC勉強法】PART3とPART4は音読とシャドーイングで対策【リスニング】

本田圭佑さんのシャドーイングは、スマホからスピーカーホンで音声を流しながら、大きな声でシャドーイングをしています。

しかし、慣れていないうちはイヤホンを使いながら、音声をマネする時もボソボソと小さな声で行った方がいいです。

自分の声にリスニングの音声がかき消されてしまうからです。

また、TOEIC対策ならば、本番と同じリスニングのナレーターを使っている公式問題集で勉強した方が得点アップにつながります。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6
国際ビジネスコミュニケーション協会
¥3,300(2020/09/01 15:47時点)

皆さんもシャドーイングで本田選手のような高い英語力を身につけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました