試験情報

TOEICの問題は2種類ある?マイナーフォーム、メジャーフォームとは

投稿日:2017年10月22日 更新日:

メジャー、マイナー

TOEICの試験後、「あの問題難しかったよね?」と誰かと共有したくなるものです。

単純に難しいというだけでなく、どういう根拠でどういう解答になるのかまで理解して、次のTOEICにつなげていきたいところです。

TOEIC本番で手応えがなかった?受験後すぐに確認すべきこと」では、受験後に2chを利用して答え合わせすることを推奨していますが、ここで問題が発生します。

何か話が噛み合わない・・・

その理由は、TOEICの本番の試験では問題が2種類用意されていることにあります。

その2種類を「メジャーフォーム」、「マイナーフォーム」と呼びます。

 

フォームの見分け方

問題用紙の表紙の右上に「4LIC20」とか「4LIC21」とか記載されています。最後の数字が小さいほうがメジャーフォーム、大きいほうがマイナーフォームです。アルファベット、数字とも各受験回で変わるので注意してください。

TOEICは問題用紙を回収されるので、フォームを判別するためにはこの番号を覚えるしかないのですが、そんなところに集中力を使う必要はありません。

2ちゃんねるには、「自分はメジャーフォームだったけど、あの問題は~」とか解説してくれる人がいます。

それを見て、例えば自分と同じ問題の話をしていればメジャーフォーム、違っていればマイナーフォームと判断できます。

フォームで難易度に違いはあるか

難易度に違いがある場合があります

どちらのフォームでも問題数や問題形式は同じですが、文章量や使われている単語は違います。

メジャーフォームが難しくてマイナーフォームが簡単というような傾向はありません。

試験後に2ちゃんねるを確認すると、どちらかのフォームだけ「難しかった」という感想が目立つことから、難易度に違いがあることがわかります。

メジャーフォーム、マイナーフォームどちらが有利か

ただ、問題の難易度は結果に影響しないようなスコアになるはずです。

TOEICは1問何点と明確に決まっているわけではなく、受験者の得点分布を見ながら点数を調整します。

メジャーフォーム、マイナーフォームで有利、不利が決まるようなスコアとはなりません

個人的な意見では、TOEIC800点以上を狙う場合は問題は簡単なほうが有利だと思います。難しい問題の場合、最後まで解くことができずに5問、10問と適当にマークしなければなりません。

いくら得点調整をしてくれると言っても、その適当にマークした部分が満点として評価されるはずがありません。簡単な問題ならば悠々と正解を選ぶことができるはずなので、そういう意味で簡単な問題のほうがスコアは高く出るでしょう。

ただ、フォームは選べませんし、自分が簡単なフォームを解いているか難しいフォームを解いているか気にしたところでスコアは変わりません。試験中は問題を解くことだけに集中しましょう。

TOEICの試験問題は2種類あり、試験後の答え合わせで話が噛み合わない場合があるということだけ覚えていれば十分です。

おすすめ記事

初心者 1

  TOEIC初心者は600点を目標にしよう! 先日、100日で800点を取る勉強するスケジュールを紹介しました。 基本的にこの勉強スケジュールをこなせば800点を取れるのですが、英語に苦手 ...

アプリ 2

TOEICのスコアをアップさせるのに一番大事なことは何だと思いますか?勉強法や使用する参考書でしょうか?もちろん違います。一番大事なのは継続して勉強することです。 当たり前ですが、このブログでいくら方 ...

スケジュール 3

※100日間の勉強スケジュールは一番下にあります。   TOEIC800点を取るために1年もかけてはならない TOEIC800点は英語上級者の目安となるスコアです。就職・転職でも有利に働くス ...

キクタン 4

最近私がTOEICで使用した参考書をいくつかの記事で紹介していますが、、 ぶっちゃけ参考書って何冊も買うと高いですよね? 私が推奨した参考書は5冊ちょっとだったと思いますが、それでも最重要視している公 ...

スラム 5

格安でコスパが高いフィリピン留学はますます人気になっており、ネット上も良い評判であふれています。 でもあまり期待しすぎて、実際に行ってみたら良いことばかりじゃなくて後悔することもあると思います。 実は ...

-試験情報

Copyright© TOEICで500点スコアアップさせた勉強法 , 2017 AllRights Reserved.