参考書

TOEICで480点から895点にスコアアップさせた参考書

投稿日:2017年6月18日 更新日:

参考書

まだまだアクセス数の少ないこのブログですがたまに問い合わせが来ます。どうやら皆さん勉強法というよりも私が使用した参考書が気になるようです。私はTOEICのスコアを480→895→980と伸ばしていきましたが、今回は895点を取得した時に使用した参考書を紹介します。

実際に使用してみて、あまり良くないと思ったものも含めて全て公開します。

私が本当におすすめする参考書、その勉強スケジュールはこちらの記事をご覧ください。

スケジュール
100日でTOEIC800点を取るための勉強スケジュール

※100日間の勉強スケジュールは一番下にあります。   TOEIC800点を取るために1年もかけてはならない ...

続きを見る

 

800点の壁を突破した時の参考書

TOEICは2016年5月より新形式に移行しました。私は旧形式での受験だったため旧形式の参考書について述べますが、新形式版が発売されている場合はそちらを使用しましょう。

システム英単語

大学受験のために使用していたものだったのでTOEICでも使いました。

システム英単語はフレーズで覚えられるため、ただ単語が覚えやすいだけでなく、英会話やライティングにも活かせる実用的な単語の使い方が学べます。レベルも高く、第3章ぐらいまで覚えられれば大学受験では無敵です。

TOEICの英語レベル自体はセンター試験に毛が生えた程度なのでシステム英単語で十分対応できます。が、「金のフレーズ」のほうがTOEICの出題傾向に合っています。システム英単語をわざわざ新規にシステム英単語を買うぐらいなら金のフレーズを買うべきです。

本棚
TOEICに必要な単語は「金のフレーズ」1冊でほぼ網羅できる

  単語を制する者はTOEICを制す   「さあ、英語の勉強を始めよう」 と思い立った時、まず何から ...

続きを見る

ちなみに大学受験では「ターゲット」と「速読英単語」という単語帳も人気です。ターゲットはまさに「単語帳」という感じで単語のみをひたすら覚えていくイメージなので定着しにくいです。速読英単語は長文の中で覚えていくのですが、公式問題集の音読で覚えていく方がTOEICには向いているでしょう。

結局はTOEICの単語帳なら金のフレーズが最強です。

TOEIC公式プラクティス リスニング編

私は公式問題集の前に公式プラクティスを使いました。この本のスゴイところはPART1~PART4まで「TOEIC公式」が問題パターンを分類してくれることです。そして「こういうところに着目して解くとよい」とアドバイスまで書かれています。例えばPART3では、先読みをすすめるような解答のテクニックまで紹介されています

会話が放送される前に3つの設問を読み、設問の解答に必要な情報に注目すると聞き取りやすくなります。

各パートの最後にはチャレンジ問題として本番形式の問題があります。問題数は本番と違い、またPART1は本番よりも簡単です。

それでもTOEIC学習の導入には非常に適した参考書です。

※2017年6月23日に新形式対応のものが発売されるようです

TOEIC公式プラクティス リーディング編

先ほどのリスニング編の姉妹本となります。基本的な構成はリスニング編と同様で各パートごとに問題パターン別に学習できます。全パートの最後に本番形式テストとしてリーディング1回分の模試がついています。(旧形式ですが)

私も1冊やった力試しとして臨みましたが、その時の点数は、

PART5 : 25/40

PART6 : 12/12

PART7 : 32/48

TOTAL : 69/100

でした。時間が全然足りず解くのに90分もかかりました。「1冊やってこの程度か・・・」と落ち込みましたが、この本番形式テストの文章をひたすら音読したことで飛躍的にスコアが向上することとなります。ちなみに先で紹介したリスニング編のPART3とPART4の音読・シャドウイングもこの時から始めました。

※2017年6月23日に新形式対応のものが発売されるようです。ただAmazonのレビューがかなり低いです。解説が不親切なようです。

文法特急2 急所アタック編

公式プラクティスの本番形式テストで文法がボロボロだったためAmazonで評判の良かったこの本を購入しました。第0章の「迅速かつ正確な攻略法」に記載されている問題の解き方がこの本の肝です。短い章ですが「訳すな」というのには衝撃を受けました。

この本の姉妹本として「1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急」というのもあります。申し訳ありませんが立ち読みで済ませてしまったのですが、こちらの方が問題が簡単に感じました。第0章はこちらにもついています。

紛らわしいものとして900点特急というものがありますがこちらは買うべきではありません。立ち読みした感じでは難しすぎてやる価値がないと思いました。どうしても満点を取りたい人だけがやればいいです。

読解特急2 スピード強化編

公式プラクティスの本番形式テストで時間が全然足りなかったこと、また、文法特急が素晴らしい参考書だったことから同じ出版社のこの参考書を購入しました。スピード強化編ということで各問題を何秒で解けば1分あたりに何語読めたことがなるかの換算表がついています。勉強していくうちに読むスピードが上がっているのを実感できるように書き込めるグラフがついています。

しかし、見開き1ページで左側に問題文、右側に設問という形式ですがポケットサイズのため、どうしても長い問題文が載せられません。最近の長文化が進むTOEICの傾向には対応できません。また、それ以上に設問が簡単すぎること、問題文も公式問題集と何か違う違和感を覚えたことから途中で使用を止めました。途中と言っても今見返すと30題ある文章のうち26題までは勉強したようですが。

問題の質が違うというのは大きな問題ですのでこの参考書をあえて使う必要はないでしょう。

公式問題集 Vol.6 & Vol.4

本当は公式問題集は最初にやるべきですが、自分は公式プラクティスから入ったためこのタイミングとなりました。

公式問題集をおすすめする理由はこれらの記事を参考にしてください。

公式
TOEIC公式問題集とは何か?

TOEIC対策の参考書は何を使用すればいいのでしょうか? 私が1番おすすめしたい参考書はTOEIC公式問題集です。 私だ ...

続きを見る

公式4
TOEICで800点超えたかったら公式問題集をやれ!

  誰でも半年あればTOEIC800点は取れる あなたのTOEICの目標スコアは何点でしょうか? 院試、就職、 ...

続きを見る

PART5
TOEICリスニング対策は公式問題集で行わなければならない理由

今や書店に行けばTOEIC向けの参考書がずらりと並んでいます。 英語学習産業でTOEICの占める割合というものは非常に大 ...

続きを見る

公式問題集は当時の最新のVol.6から使用し、手ごたえ十分となったのでTOEICの受験を申し込みました。受験までの間にもう1冊やろうとして普通は次に新しいVol.5を選ぶのですが、Amazonの評判がよくなかったためVol.4を買いました。まあ、あとでVol.5も買ったのですがどれも難易度には違いはありませんでした。

各問題集は時間を測って本番同様に解きましたが、その時の結果が以下の通りです。

PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 TOTAL
Vol.6 test1 9 26 26 24 36 10 46 177
Vol.6 test2 8 26 27 27 35 9 46 178
Vol.4 test1 10 28 28 27 37 9 43 182
Vol.4 test2 10 29 28 22 30 12 45 176

なぜかリーディングが段々下がっていますが、公式問題集は解いて終わりではなく、その後の音読を中心とした復習がメインですので特には気にしませんでした。嘘です。本番までめちゃめちゃ不安になったので勉強量が増えるいいキッカケになりましたw

今は新形式の公式問題集が発売されています。必ず最新版から使用しましょう。

TOEIC参考書選びのコツ

ブログでの紹介には注意が必要

自分で紹介していながら言うのもアレですがw

最近はTOEICの勉強法を紹介しているサイトが多くあります。私も勉強していた当時はあるサイトを参考にしていたので、そのサイトにはとても感謝しています。

しかし中には良くないサイトもあります。それはすすめる参考書が多すぎるサイトです。特に目標スコアごとに参考書を総とっかえすることを推奨するようなサイトです。単語帳なんて1冊で簡単な単語から難しい単語まで網羅している場合がほとんどなので、何冊も勉強する必要はありません。

単語帳に限らず参考書は1冊を繰り返すほうが効果が大きいです。

私のサイトが絶対などとは思っていませんが、例えば「TOEICにおすすめの参考書30冊」といような記事には注意しましょう。

Amazonのネガティブなレビューを参考にする

単純に☆の数を参考にするだけではいけません。☆の高いレビューは「買ってよかったです」で終わるような中身のないレビューも多いです。

私は特にネガティブなレビューを参考にし、その参考書のデメリットをわかった上で買う価値があると思えば買いました。実際に買った人の不満は説得力があって参考になりますよw

ただ、参考書を選ぶのが面倒だったら売り上げNo.1を買うというのもいい判断です。いい参考書でなければ多くの人には愛されませんからね。参考書を選ぶことよりも、参考書で勉強することに時間をかけましょう。

 

関連記事です。

※895点から980点にスコアを伸ばした時の参考書はこちらをご覧ください。

980参考書
TOEICで900点の壁を突破した時に使用した参考書とその勉強法

以前に895点を獲得するまでに使用した参考書を紹介しました。 今回は895点を獲得後、980点を獲得するまでに使用した参 ...

続きを見る

※おすすめの参考書を紹介するサイトは多くありますが、本当に信頼できるか検討しましょう。

山積み
「TOEICおすすめ参考書〇〇冊」というサイトに注意してほしい件

TOEICの勉強を始める時、最初に何をしますか?参考書を探しますよね? 書店に行ってもいいのですが数が多すぎて何を選べば ...

続きを見る

※最近は参考書だけでなく、アプリも充実しています。No.1アプリのスタディサプリENGLISHの使い方を紹介します。

スタディサプリ勉強法
スタディサプリENGLISHで3か月でTOEIC600点を目指す勉強法

このブログで紹介した「100日でTOEIC800点を取るための勉強スケジュール」ですが、おかげさまで多くの方に読んでいた ...

続きを見る

人気No.1 TOEICアプリ!

スタディサプリEnglish TOEICコース

  • アプリ1つで問題演習から勉強法、解答テクニックまで紹介
  • 人気TOEIC講師による解説動画があり、初心者に最適
  • 今なら期間限定で1週間無料のキャンペーン中

おすすめ記事

スタディサプリ勉強法 1

このブログで紹介した「100日でTOEIC800点を取るための勉強スケジュール」ですが、おかげさまで多くの方に読んでいた ...

アプリ 2

TOEICのスコアをアップさせるのに一番大事なことは何だと思いますか?勉強法や使用する参考書でしょうか? 違います。 一 ...

スケジュール 3

※100日間の勉強スケジュールは一番下にあります。   TOEIC800点を取るために1年もかけてはならない ...

キクタン 4

最近私がTOEICで使用した参考書をいくつかの記事で紹介していますが、、 ぶっちゃけ参考書って何冊も買うと高いですよね? ...

転職 5

就職、転職活動の資格欄に書く内容として定番となっているTOEICのスコア。 でも一体企業は何点ぐらいから評価しているので ...

-参考書
-,

Copyright© TOEICで500点スコアアップさせた勉強法 , 2018 AllRights Reserved.